FC2ブログ

TSS~活動日誌

”TSS~ウインドアンサンブル垂井”の活動日誌

2月15日の練習

最近、練習の時の打楽器配置を、毎回少しずつ前へずらしているパーカッションHです。
いつか、指揮者の目の前まで来るハズだぜ。


次回定期演奏会の曲を、絶賛練習しました。

組曲「宇宙戦艦ヤマト」
コンサートマーチ テイクオフ
カーペンターズフォーエバー
米津玄師メドレー
ジャパニーズ・ グラフィティー X 「時代劇絵巻」


さあ打楽器紹介コーナー
ちんちろりん♪


で今回は、

カスタネット


幼稚園や保育園の時に使った、




もカスタネットだけど、


吹奏楽で使うのは、



のように2つセットで、




のように柄がついてたりするものもあります。


カスタネットの語源はスペイン語で『栗』を表す『カスターニャ』(castaña)という単語。
ギリシャでは栗の木で作っていたからとも、形が栗の実に似ているからとも言われています。

手のひらに納まるくらいの丸い貝型の木片を2枚合わせ、これを打ち合わせることによって音を出す楽器です。

木片の打ち合わせる側はほぼ平らで、中央にくぼみがあります。
端にひもを通してつなげ、このひもに親指を通して楽器を保持したり2枚の開き具合を調整したりします。

両手で持って、自分の太ももによく打ち付けて鳴らしてますね。


踊ってるような、軽快な雰囲気を出せる楽器です。


さあ、軽快に演奏会に向けて頑張りましょう。

PageTop

2月8日の練習

アンコンの県大会が終わり、だらけているフルートYです。少し裏話をご紹介します。

フルート2本とアルトサックス・バリトンサックスのアンサンブルは苦労の連続でした。音が小さいフルートと大きいサックス…お互いにヒーヒー言ってましたね。

音量不足に悩んで、本番1ヶ月前にフルートを変える事にした私。前に少し吹かせてもらった、やたら良く鳴るフルートがあるのを思い出して元団員から借りてきました。
その上をいく決断したのがフルートのMちゃん。ずっと自分の楽器(すっごい高くていいヤツ)の音程に悩んでいて、とうとう新しいフルート買っちゃった!最後の練習日までには納入が間に合いました。

前日にようやくいい仕上がりになり、本番前の舞台袖では私はみんなに手を揉んでもらってデレデレし、誰も予想していなかった金賞をいただけました!
が、結果発表を聞いても誰もピンとこず「ん?言い間違えた?」と確認に走る事務局M1号さん…。あー楽しかった。




さて、今日の練習は6月21日の定期演奏会の練習です。そして今年もやってきました!課題曲!!今日は初見でI~Ⅳまで吹いてみました。グダグタ…
今年は何の曲になって、どこまで吹けるようになるんでしょうね。

PageTop

2月1日の練習

こんにちは。
今回は3歳の息子と練習に参加させていただいた、A.SaxのFがお届けします。

今回は2部の曲を中心に練習しました。
・東京ブギブギ
・カーペンターズフォーエバー
・いのちの歌
・米津玄師吹奏楽メドレー
・ドントセイザットアゲイン
・時代劇絵巻

パートごとに細かく区切ったり、リズムの確認などをしていきました。

まだまだ…楽譜を見ていても…リズムが分からないことが多く…合奏の中でリズムがはまると『なるほど!』と学びの多い練習となりました。



先週と今週、2週続けて、トランペット吹きの中学生が見学に来てくれています。

あの子が3歳の時に、私が担任していました!

入団してくれると、嬉しいなぁ。

PageTop