FC2ブログ

TSS~活動日誌

”TSS~ウインドアンサンブル垂井”の活動日誌

パートリーダー新年会


新年1回目の練習に参加できずフラストレーション溜まり気味の事務局M2号です。

最近の悩みはスマホのインカメラで撮影すると必ず口が空いてしまうこと。


1月のPL会は新年会も兼ねています。1月11日に『ダイナーズ庵』にて開かれました。

PL会なので、まともな状態(笑)のうちに真面目な話をちゃんとします。

ビールを目の前にメモを取りながら消えていく泡がホントに切ない…(´;ω;`)

簡単に連絡事項を確認し、いざ乾杯です。やったね!!

食事もお酒もおいしくいただき楽しいひと時を過ごせました。





飲み足りないので二次会へGO!移動中、駅前のイルミネーションを発見☆

やっぱり口開いてる…





二次会では別会場で新年会を終えたsaxのTちゃんが駆けつけてくれました!ありがとう♪








今年は40周年の記念演奏会という一大イベントも控えてます。

たった入団5年の若輩者で先輩たちの努力や経験には敵わないですが、

少しでも力になりたい、盛り上げたい!今年も頑張るぞ!と、メガハイボールを飲み干し

決意を新たにした新年会でした。

PageTop

1月4日の練習

明けましておめでとうございます。
事務局 M1号です。

今年は TSS~ウインドアンサンブル垂井 創立40周年!
これまで応援してくださった垂井町をはじめとする地域の皆さま、団の活動を支えてくださった先輩方への感謝をお伝えしつつ、和気あいあいと楽しく演奏活動をする1年としたいです。
どうぞよろしくお願いします(^ー^)

さて、新年早々の1月4日。小ホールで練習が行われました。
合奏前に団長から、会社の仕事始めのようなご挨拶がありました。

基礎合奏の後、早速40周年記念定期演奏会へ向けて合奏です。
ものすごい数の楽譜が配られて、よくわからない状態に(^_^;)
メドレー形式にするため、一部分しか演奏しないであろう曲も、とりあえず全部やってみる!ということで、昨年末に引き続き、初見大会の様相を呈しています。

昨年入団したばかりのA.Sax Sちゃんは、私の子どもと変わらないくらいの歳なので、80年代90年代に流行ったアイドルの曲など、ほとんど知ってるわけもないのですが、
「この人たちはスケート履いてた人達ですか?」
「この人の歌、〇〇なら知ってます。」
「この人って、△△って歌ってた人ですか?」
と、一生懸命自分が知ってることを話してくれて、それが合ってるにしても、間違ってるにしても、それは楽しそうに話して演奏してくれるので、隣でとても面白かったです♪
今頃、彼女のプレイリストには、E-girlsの次に中森明菜が入ってることでしょう(≧▽≦)

巷では来年度の吹奏楽コンクール課題曲の冒頭1分が試聴できるようになり、盛り上がっているようです。
我が家でも子ども達と、この先どんな展開になるだろう?今回の委嘱作品は宮川彬さんだから、全貌が楽しみだ!と話しています。
2月最初の練習には楽譜が届きます。

来週1/11は練習はお休み。次回は1/18(土)です。
団員の皆さん、新譜の勉強しておきましょうね!

PageTop

忘年会

毎年恒例の忘年会。
今年は音楽監督のお家で開催しました!

16時オープンということで、16時に到着すると、もう飲んでる人たちが笑




最終的にはこれだけの人数が集まりました!




DVDやYouTubeで音楽鑑賞をしながら、鍋や差し入れのスイーツをたくさん食べました😋




もうすぐ東京に旅立つフルートのMくん。
何故かユーフォのTさんに絡まれまくってました笑



みんな寂しがってるから、時々遊びに来てね。



事務局のイニシャルNMの2人。



M2号は昨年、酔いつぶれて早々にリタイアしましたが、今年は最後まで残っていました!
日付変わって2時までいました。



実はTSS、先週も飲み会してます笑




お酒好きな団員、飲めないけど飲み会が好きな団員、募集しています!
トランペットが吹けると更に良いです笑



来年もTSSをよろしくお願いします。


創団40周年記念演奏会は6月21日です。

PageTop

表佐地区まちづくりセンターで演奏しました

12/19(木)10時過ぎから、Fl 2 A.Sax 1 B.Sax 1の4名で演奏してきました。


ご依頼いただいたのは、垂井町表佐地区ささえあい連絡会さん。


表佐保育園の小さいお友達と地域の大きい(ご高齢の)お友達が会場一杯にいらっしゃる中、アンサンブルです。

演奏したのは
クリスマスドリーム(もろびとこぞりて・ジングルベル・We wish a Merry X'mas)
さんぽ
フニクリ・フニクラ
小さな世界
高原列車は行く
パプリカ
の7曲でした。

特に「フニクリ・フニクラ」は、大きいお友達の方が『鬼のパンツはいいパンツ♪』と 歌いながら体を動かして楽しんでいらっしゃって、とても盛り上がりました!
最後の「パプリカ」は保育園の小さいお友達の振り付けが完璧で、途中から立ち上がって大きいお友達に見ていただくパフォーマンスが繰り広げられました。

温かく迎えていただき、一緒に楽しく過ごすことが出来て、とても嬉しかったです♪

表佐地区の皆さん、ありがとうございました(^ー^)

その後ランチを挟んで、このメンバーで出場するアンサンブルコンテストの練習をしました。

ゆったりした場面で、「なるく吹くといい」って、垂井出身B.Sax Mちゃんから発言が。
出た!『なるい 』
過去に音楽監督から「なるく吹け」と言われ、「『なるい』って何?」と聞いても、「『なるい』は『なるい』や」と言われて、いまだに理解できない私。
話してると、関ヶ原出身FlのYちゃんもわかる!って。
垂井と関ヶ原の人にはある感覚らしい…
「井戸水は水道水と比べてなるい」とか使うんですって。
丸いとか、柔らかいとか、角がないとか。そういう感じかなぁσ(^_^;)?

やっぱり良くわからないまま、今日も練習が終わります(^_^;)

次回は年末の大掃除です。
いつも使わせていていただいている文化会館の倉庫を整理します!

PageTop

12月14日の練習

最近いも焼酎を10倍に薄めて飲んで、「酒飲んでるな、俺…」と調子に乗ってるパーカッションのHです。

久しぶりに書きます。
サボってすいやせん、へへ。


今日も、次回定期演奏会に向けて決まった曲と候補曲とをやりました。

コンサートマーチ テイクオフ
アルセナール
吹奏楽のための綺想曲「じゅげむ」
組曲「宇宙戦艦ヤマト」
米津玄師メドレー
東京ブギウギ


さて久しぶり打楽器紹介



みんな大好きタンバリン

胴に小さなシンバルを付けた、極めて浅い小型の片面太鼓のこと。

膜の直径はおおむね20 - 30cm、胴の深さは5 - 8cmで、この胴に数カ所鼓面と水平に細長い穴を開け、中央に細い棒を通しています。
そこに小さなシンバルを向かい合わせて棒に通し、タンバリンの動きによってシンバルが打ち合わされるようになっております。

タンバリンの種類には、響き線(スネア)を付けたもの、鈴を付けたもの、皮のないもの(モンキータンバリン)



などがありますよ。
タンバリンは太鼓の一種だけど、このシンバルの音がメインで鳴っています。



手に持って叩く奏法が最も一般的ですが、指、拳、手のひらで叩くほか、膝やお尻に打ち付ける、振ってシンバル部を鳴らす、鼓面のふちにそって鼓面をこする、ドラムスティックで叩くなど様々な鳴らしかたがあります。
スタンドに装着して、指、拳、手のひらで叩く方法もあります。
何でもオッケー。


最後に、今日で我がパーカッションのHN子が、東京で就職するので、退団しました。

今までありがとう!
そして頑張れ!!!



PS:でも春からだから、まだ会えるよー。

PageTop